<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | スポンサードリンク |
やはり語っておきましょう『明石海峡大橋ー!』
では、例によって画像オンマウスでお楽しみ。

こんなことしていいの?っちゅう感じ…

コンクリート&鉄筋&型枠使いすぎー

複雑すぎる!誰が溶接したーの?

どでかい。
超でかい。
こんなものをよく造ったと思う。
鉄骨の仕口にしても何度も原寸検査を行ったり
一体何人の人が係わったのか。
ケーソンや潜函工法などかなりの技術と労力が費やされただろう。
架設工事だけでも相当なもんだっったはず。

実はこの中、壁も何も無しの吹きさらし

下が見えるようになっている所もある

橋梁の中に売店や食堂があるけど
できれば1卆茲阿蕕い砲發Π譴賃い辰討いて欲しかった。

移情閣・孫中山記念館を上から睥睨

移情閣・孫中山記念館、地上ではこんな感じ

朝霧とか明石はこういう角度で見える

お!天文科学館の時計台発見!

潮来一枚気合いの漁師!頑張りすぎー( ̄д ̄)!!

こいつは一見の価値がある。
橋脚のてっぺんに登る見学ツアーもある。

実は舞子台(丘の上)から見るとこんな風に…

舞子台から東方面、結構小高いよなー

舞子台から西方面、この日は交差で視界が悪ーい
| これぞ定番!やっぱしね!? | 01:16 | comments(2) | trackbacks(1) | 空飛ぶモグラ |
スポンサーサイト
| - | 01:16 | - | - | スポンサードリンク |
最寄り駅が「舞子」であるのは知っていたけど
行ったことはなかったので、どのように繋がってるのか(橋が陸と)想像つかなかったのが、少し解決!

橋のてっぺんに立ってみようツアーは
そんじょそこらの絶叫マシーンどころではないでしょうね(^_^;;

| nao | 2007/05/28 9:40 PM |
最近の土木工事は何だか過激です。
一応エラーの許されないトライなんですけど震災を経験しつつも推進された事業計画は確信があったのかそれとも止める事ができなかったのか。
とにかく完成してしまいました。
自分は日本の技術力を信用していたのですが今居る所の近くに山陽新幹線が通っています。
ほとんど高架とトンネルですがこの高架路線の橋脚にかなりのはく離やクラックを確認することができます。
施工当時の大型建築物はこぞって海砂などの塩分被害に悩まされています。
巨額の資金(総工費5000億円)と膨大な物量が費やされて出来た夢の吊り橋に水を差してはいけませんが凄い土木工事をやったもんです。
仕事が信用できるかどうかはやっぱり人間個人の信用なんですね。
そういうふうに期待しててっぺん(主塔の高さ海面上298.3m)まで登ってみましょう(笑)
余談ですが『紀淡連絡道路』という淡路島と和歌山市を結ぶ新たな橋を作る計画が進められていてこちらは総工費1兆円以上の見込みでほとんどの数字が世界記録を更新するそうです。
もう、何が何だかよく解りません。
| 空飛ぶモグラ | 2007/05/28 10:08 PM |










ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

http://pin-point.jugem.jp/trackback/96
明石海峡大橋・ブリッジワールド
マウスポインタを画像の上に重ねてしばらく待つと説明がでます。 まずは舞子駅の接続施設「ティオ舞子」をうろうろ。 オーシャンビューは入居者の特権。 …当たり前か。 洗濯物がしょっぱくなりそうである。 高速バス乗り場関連施
| ピンポイント事情通 | 2007/07/13 3:53 AM |
<< 田舎でもなく都会でもなく… | main | 神戸キャバンクラブ Kobe CAVERN CLUB >>