<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | スポンサードリンク |
ツバメがいっぱい。。。
自分物差しで、、、ここは風致地区だったのだ。
勝手に巣を建設してはいけない。
残念ながら諦めてよそでどうぞ。

怒ってる?

ぐいぐい

よーし!

もぞもぞもぞもぞ

あ!掴み直したな!

この時期、相当な数のツバメが縦横に飛び交う。
特に川べりでせわしなく飛び回る姿を見かける。
確かにこの辺りは海も近いし溜め池や河川が多く湿った土や枯れ草、植物の根など建設資材も割合容易に手に入る。
そんな事で巣作りに都合がいいのか、泥を唾液で接着して乾かして作る巣を建物に架けたがる。
渡り鳥であるツバメは南方の国から集団でやってきて繁殖を終えまた秋に集団で飛び去っていく。
この集団になる場所(休んだり眠ったりもする)がアシやヨシなどの生えている水辺の近くであると言われているので先に述べた条件にはここら当たりはぴったりだ。

脚だけ掴まれて暴れる、ばたばたきぃきぃ!

巣はなかなか巧妙に出来ており左官でいうと「スサ」に当たる繊維物を泥に混ぜて強度を保ていて始め小さい泥から次第に外に広げ(持ち出し)て大きくしていく、バルコニーのような巣だ。
垂直面に巣をかけるのは結構珍しいような気がする。
何にしても泥の巣に雨がかからないよう、軒下に作らなければならない。
後ろに壁を背負っているので最低180度の危険は回避出来ていると言う事なのか。

こいつは自分に手掴みされてしまうという間抜けだが整った顔をこちらに向けていると何となく可愛い。
人家の軒下に巣をかけて汚すが害虫を食べたり争い事もあまりないようで憎めない。
巣作りを放っておいて卵を産まれると情が邪魔をするので見つけたら早めに撤去している。
| エニモー(いや普通にアニマルで…) | 14:10 | comments(0) | trackbacks(1) | 空飛ぶモグラ |
スポンサーサイト
| - | 14:10 | - | - | スポンサードリンク |










ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

http://pin-point.jugem.jp/trackback/93
動物の世界にゴングはない
画像の上にマウスを乗せると状況説明。 ツバメの巣。 巣立つ直前まで大きくなった雛がいっぱいに身体を乗り出しても崩れない堅牢な造り。 今年か去年か結構頑張ってデカ目の巣をこしらえたらその上にかるーく雀が営巣した。 水の泡。
| ピンポイント事情通 | 2007/06/12 1:59 AM |
<< 大麦豊穣! | main | たこパン★うまー??? >>