<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | スポンサードリンク |
加古川大堰(かこがわおおぜき)
加古川大堰西岸下流から

表札。。。

大堰の説明パネル

文字通り加古川の水を堰き止める。
一定の水位を保って汲み上げたり流したりして灌漑用水、工業用水、浄水して水道水に…。
加古川はいろんな意味で兵庫県下最大の河川。
付近の流域ではこの水をダム湖に溜めたりもしている。

逆流を防ぐためかな?

草谷川水門の下流側

草谷川水門上流側水門の施設表示

すぐ脇に草谷川の水門もある。
これは一斉放流などで一時的に水かさが増す時に逆流を防いでいるのか。
魚の絵が描いてある方がたぶん表で裏に構造補強がしてあるから下流側の水をとめるようだ。

「鋼製複葉ガータ構造ローラーゲート」とあるけど簡単に言うと両端の支柱の竪溝にローラー付の鉄板をワイヤーで吊って上げ下げする構造。
支柱の上の機械室にはエレベーターみたいにワイヤー巻き戻し用のモーターがある。
もちろん両側共に同調をとってある。
大堰の方もたぶんこの形式だろう。
しかし蟯歸膺緻臉什扈蠅箸い専門会社があったとは…。
こういうのは聞いた事のある重工業系の会社が図面を起こして土木建設会社と共同で作るのかと思っていたが水門製作所とはなかなか渋い。
調べてみると大阪に本社のある会社で現在は蟯歸腑▲アシステムと商号変更しており堰やダムに設ける鋼製水門の製作設置開発はもちろん、モノレールの橋脚、空中ブリッジ、フローティング噴水といったものも手がけている。

保守管理用道路

保守管理のために橋(管理橋)も架けられる。
通行禁止になっているが自転車や人が通っている。

近畿最大の川である淀川でも淀川大堰があり毛馬の水門が近くにある。
ま、淀川の場合は河口付近にあり堰き止めている大きな目的の一つに海水(塩水)の浸入を防ぐ事があるので断面構造にかなりの違いはあるが。
悲しい理由としては大川の水を浄化するために淀川のこの水を使っている。

何の気なしに見て通っているが近寄って見ると凄い施設である。
ゲートの下は水平でないと困るので基礎や底部の工事を川の流れを除けながらするんだからそれは凄いにきまっている。
総工費は400億円とか。
どこまでの工事あるいは施設が含まれているのか知らないが大きな金額だ。
故障したりすると多分かなり厳しい影響が出そう。

この辺りには色々な施設があるのでまた別の項で紹介しよう。
| 加古川関連 | 21:17 | comments(2) | trackbacks(2) | 空飛ぶモグラ |
スポンサーサイト
| - | 21:17 | - | - | スポンサードリンク |
流れる水のあるところに水門あり堰あり!!

ダムは知名度も高く、用途も知られているだろうが、
堰・水門となると細かくはしらないんじゃないかな?

というわたくしも去年まで知らなかったのですが(^^;;
なかなか面白いものです。
水位計あたりになると感動ですよ!

オタクの領域に突入してしまったかな?
これまったー失礼いましました!っと。
| 毛馬 | 2007/04/27 11:10 PM |
堰もダムもホントに突き詰めて考えると人間が安定と便利を追求した結果の産物で自然環境の様に見える都合のいい人工環境です。
非常に長いスパンで考えるとサバンナのように雨期と干期のように厳しいけれどリセットされ続けるのが自然でそれによって維持されていた自然もあるんですよね、確かに。
地球環境をもっと優先して後から人間を組み込めば河川は何度も氾濫を繰り返す方がいい。
矛盾してますよね。
水利事業も凄いし自然の営みというか森羅万象が織りなす繊細でタイトな関係。
巧く維持できないもんですかね。
人類が文明を棄てる訳にはいきませんのでどこかで折り合いを付けなければ行けませんよね。
やはり完璧ではありませんが…。
よく考えると川岸に芝生が植わっているのはおかしいんですよね?
| 空飛ぶモグラ | 2007/04/28 2:22 AM |










ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

http://pin-point.jugem.jp/trackback/78
やってるで!
結構ハイテク処理している。 ★個別浄化槽が無くなっても下水を自然環境に帰すにはどこかで浄化しないといけないのである。 ならば巨費を投じてもこのように高度処理設備を使って放流した方がいい。 しかし停電とかで浄化設備が停まったり、処理しきれ
| ピンポイント事情通 | 2007/04/28 1:41 AM |
加古川下流域で見つけたマイノリティ?施設群
まずは水関係。 ◆加古川上流浄化センター 高度処理している加古川中流の流域下水処理場 ◆加古川下流浄化センター 高度処理している加古川河口付近の最終下水処理場 ◆中西条浄水場 1沈砂池(ちんさち) 原水中の砂や小石を
| ピンポイント事情通 | 2007/04/28 3:29 PM |
<< 「六条大麦」 | main | 加古川下流域で見つけたマイノリティ?施設群 >>