<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | スポンサードリンク |
刑務所に行こう!その弐
入り口の表札

交通刑務所でおなじみ?の加古川刑務所。
庁舎は神戸刑務所ほど立派ではないがそれなりに整備されている。
凶悪犯が少ないせいか中央の監視塔を除いて内部の施設もあっさりした感じに見える。

中はこんな感じ

加古刑遠景

刑務所を囲む塀は塗装してないので無愛想で刑務所らしい。
しかしそのほかは神刑より何となく開放的でやはり周りに公営住宅が建っている。

高い塀

塀の角

交通区の入り口は少し奥にあり施設全体から見ると小規模なのかもしれない。
仮運転免許用の教習コースがあるらしいが外からでは全く分からない。

交通区の入り口にある表札

明るい色の制服を着た刑務官が数人庁舎から交通区の方に歩いて行ったがこれも神刑からするとライト感覚に映った。
もちろん刑務所作業の商品展示場も併設しており駐車場などは神刑よりも広い面積を有している。

商品展示場

明石市と隣の加古川市にそれぞれ刑務所という施設があるのは珍しいように思える。
近くには日岡山公園、加古川市環境美化センターがある。

環境美化センター入り口

以下はいろんな説明↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

加古川刑務所
〒675-0061
兵庫県加古川市加古川町大野1530
JR西日本 加古川線 日岡駅から徒歩約15分
TEL:0794(24)3484 FAX:0794(24)3565
加古川刑務所(かこがわけいむしょ)は、法務省矯正局の大阪矯正管区に属する刑務所。

◆収容分類級
I級(主に交通事犯の禁固受刑者)
A級
◆収容定員
566人(うち、交通区120人)
◆交通区
一般受刑者とは分離して、交通事犯の受刑者を収容する区画「交通区」が設けられてい る。このため、千葉県の市原刑務所に対比して、西の“交通刑務所”としても知られる。交通区は残りの受刑期間が3年未満で、脱走・自殺の恐れがない受刑者を対象にしている。
敷地内の東端に100m×50mほどの大きさで、自動車教習所と同様の教習コースがあり、受刑中に仮運転免許を取得できる。(ただし出所後に仕事で必要、家族の同意を得ている、被害者の理解を得ていることが教習を受ける条件である。)
受刑者に対して、交通安全教育や被害者追悼行事が行われる。
居室に鍵がないなど、一般の刑務所より管理が緩やかである。
なお、悪質な交通事犯であれば一般の刑務所に収容されることもある。
◆特記事項
全国の拘置所・刑務所で被収容者の使用するふとんの生地は、この刑務所にて一括生産されている。

★鉄道
加古川刑務所専用線(廃線)
加古川刑務所の敷地は第二次大戦中の軍事施設(神野弾薬庫)だったものを刑務所に転用しており専用線が引かれていたようだ。現在は全長約3丗臧分が道路となっているらしい。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

環境美化センターはこんなこともやっている↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
飼い犬や飼い猫など、ペットが亡くなった時は、環境美化センターに持ち込んでいただければ処理します。(他のモノとは分けるが単なる焼却)手数料は重量で決まっており1坩焚爾1,000円で1圓魃曚┐襪醗貘2,000円。

ペット火葬についての表示
| 地域密着公共ネタ | 09:49 | comments(0) | trackbacks(2) | 空飛ぶモグラ |
スポンサーサイト
| - | 09:49 | - | - | スポンサードリンク |










ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

http://pin-point.jugem.jp/trackback/74
刑務所に行こう(^_^)v
大阪の施設はもっと古くくらいイメージだったので塀が白く庁舎も明るいイメージだったのでちょっと面食らった。 庁舎の中にはいると職員は照明を消して昼食を取っていた。 建物も房を管理しやすいように管制室から獄舎が放射状にのびているようなイメージを持って
| ピンポイント事情通 | 2007/04/24 10:34 AM |
刑務所に行こう 番外編
この丘の中には色々な施設があるので紹介する。 まず、少年院。 これは少年刑務所とは違って「矯正教育」を行う施設で刑罰はない。 播磨学園  (兵庫県) 初等、中等(短期処遇) 加古川学園 (兵庫県) 中等   (長期処遇) 大
| ピンポイント事情通 | 2007/06/12 1:51 AM |
<< 葉 | main | 洋食屋 Pommes de Teree (洋食屋 ポム・ド・テール) >>