<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | スポンサードリンク |
兵庫県明石市には…
いろいろ立派な施設がある。

総合開発の一環であったり大都市神戸から移転して来たものであったりするが、確かに明石駅辺りから平野部が広がっていき地勢的に大きな面積を有効に取りやすく使いやすい土地柄となっているのかも知れない。

全国的に知られているようなものもある。

神戸、明石、加古川、ちょっと離れて姫路と、いい感じで30万から150万人までの都市が瀬戸内海沿いに連なっている。

それで神戸市の隣、「明石市」の施設。

明石中央体育会館全景

石ヶ谷公園というところにある結構立派な体育館。

公園内には、13種類の遊戯施設のあるアドベンチャートリム広場、ウォーク・ランニングコース、梅林、やレクリエーションなどが行える野外活動広場がある。

近くには乗馬センターや上水の配水施設、養護学校なんかがあり、明石サービスエリアとかメモリアルパーク(霊園)も近いので一連の施設は第二神明道路の建設と関係が深いのか。

明石中央体育会館エントランス外観

格好もなかなか良い。

ロータリーの植え込み

植え込みもよく見ると凝っている。

見ればハイビャクシンか?

実は手入れも楽そう(笑)

● ご利用案内
開館時間 午前9時〜午後9時
休館日 毎週月曜日、年末年始(12月29日〜1月3日)
申込み 利用日の2か月前の月の初日(休館日の場合は、その翌日)から、申込みを受付けます。
受付時間 午前9時〜午後8時

【所在地・連絡先】
〒674-0053 明石市大久保町松陰1126-47
電話 / 078-936−6621、ファックス / 078-936-6624

【交通案内・地図】
● JR大久保駅下車、神姫バス 明石中央体育会館行(大久保駅前〜明石中央体育会館)で約10分
● 第二神明道路、大久保インターを南へおりて、車で東へ約5分


一方こちらは兵庫県立がんセンター
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

兵庫県立がんセンター

婦人科部長・研究部長で光線力学療法(PDT)、子宮頸ガンの名医の西村 隆一郎 医師という方もおられるそうだ。

診療科目:内科 神経科 呼吸器科 消化器科 整形外科 形成外科 脳神経外科 皮膚科 泌尿器科 婦人科 放射線科 麻酔科 歯科口腔外科

住所:673-8558兵庫県明石市北王子町13-70

TEL:078-929-1151

診察時間:午前:月〜金 8:30〜11:30(受付時間・科目毎時間・曜日あり)

病床数:400床

最寄り駅:半径500m以内に最寄り駅はありません

JUGEMテーマ:地域/ローカル
| 地域密着公共ネタ | 23:44 | comments(4) | trackbacks(0) | 空飛ぶモグラ |
スポンサーサイト
| - | 23:44 | - | - | スポンサードリンク |
石ヶ谷公園は梅林が有名。春に来れば桜が咲いていい感じです。牛がいて何か牧歌的な雰囲気。

昔は公園の一角にでっかい、すべる部分がローラーになっている滑り台があった(今もあることはあるけど)壊れているのか何か事故でもあったのかは知らないけど今は滑れなくなっている。
これを目当てに遊びに行く人もいて、とりわけ子供の良い遊び場だったというのに。


後者は…な、なぜにがんセンターなんですか??
季節がら検診でも?
| | 2008/07/10 8:36 PM |
梅林。
そうですか。
ありがとうございます。
春先に行ってみます。

がんセンターを取り上げたのは特に理由はありません。
特別な施設を見つけるとつい写真を撮ってしまうので「載せたかった」と言うのが本音です。

がんセンターでは治る見込みの無い患者は退院を勧められると聞きます。

で、がんセンターの前を和坂の方に抜けるとR175に出たところに斎場があって、R175を少し北上すると大和会館があるのでなにかフルコースのような感じがして…。

考えすぎですかね(笑)
| 管理人 | 2008/07/11 7:02 AM |
(笑)半分は考えすぎです。

もし関係があるとすれば斎場と大和会館で、がんセンターがあるのは偶然だと思いますよ。

時期は定かではないですが、もともと斎場は古くからあったもので、その近くに大和会館ができたというわけです。がんセンターができたのは随分後だと思います。

これで霊園があったら完璧ですね(怒られます!!)

最近は有料老人ホームの近所に施設専用の病院があって、医療と福祉の連携といえば聞こえはいいですが、相互依存関係にあるものも珍しくなくなりましたね。ただこの場合、医者がヤブだと最悪といえる。

大西脳神経外科(建物がちょっと変わってます)では急でない患者さんはCTやMRIを撮るのに1,2ヶ月待ちはザラだとか(もちろん緊急を要する場合は別)
やはり優秀な医者、最先端の医療機器の世話になりたい気持ちはみんな同じかも。

治る見込みのないがんの患者さんでも独居の人の退院は難しいでしょうね。何かあったときのことを考えれば、家族や身の周りの世話をしてくれる人がいることが条件となるでしょう。

誰々ががんで亡くなったという話を耳にするたびに人事ではないなぁと思ったりして…。徐々に治療法が確立されつつあるといえ、あまり採り入れられていないのが現状だ。効果も個人差がある。効果の期待できる薬剤や治療法がどんどん開発されればいいなぁ。
| ねこぢるうどん | 2008/07/18 8:44 PM |
ま、そうですよね。

癌に限らずいろんな病気は
文化とか食生活を50年ほど戻したりすると
減るような気がします。

アメリカ化された食事や
消費期限に異常なまでにこだわった
食品管理体制。

今となってはこういったものの何もかもが
影響を及ぼす原因となっているようです。

たばこも本当にだめなら全く売らなければいいし
どこにもなければみんな禁煙できます。
肺癌も減ります。

寿命も延びすぎのような気がします。

昔は癌を発症する前に老衰で死んでいたという
人も今よりたくさんいたかも知れませんね。
| 管理員 | 2008/07/19 3:20 PM |










ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

http://pin-point.jugem.jp/trackback/203
<< とうふ家 真吾  とうふや しんご | main | 明石爆弾 正真正銘本物の味 >>